マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第66回「優柔不断は危険? サイコロで不安を消す方法」


マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷

第66回「優柔不断は危険?サイコロで不安を消す方法」

 

 

 

 

 

考えてから、続きを読んでくださいね。

 

 

さてあなたは、判断までに何秒かかったでしょうか?

5秒以内 ⇒ A

6秒以上 ⇒ B

として続きをお読みください。

 

 

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・人間的に病みカジノ…Y

◆ 解説

さて今回は、決断時間と不安の話。いかがでしたでしょうか。

まとめますと、

○ 優柔不断な人ほど、不安を抱えやすい。

○ そのため何かの決断で迷ったら、とにかく結果よりも「決断することが大切」と考えること。

○ もしどうしても決断できないなら、サイコロや腕時計など、ランダムなもので決めること。

という内容でした。

この決断のための、ランダムなもの。
道具はサイコロでもコインでも、腕時計の時間でも構いません。

ただ自分の経験では、腕時計ですと「絶対的に決まっているもの」という感じがあります。
でもサイコロを振ると、「自分で決めた」という感じをより強く感じます。

実際に自分自身、この考えを知ってから、サイコロをいっぱい買いました。


サイコロは、上野駅近くのおもちゃ屋さんで買うと、小さいのが一個10円くらい、少し大きいのが20円なので、30コ買っても500円前後です。
結構、手頃に買えるのではないでしょうか。

これを、1コずつポケットなどに入れておきます。

もちろん、常に転がすのは難しいかもしれません。

そのため自分は「取り出す」という方法を使ってます。

歩いているときでも、プライベートでも、何かの「決断」があったら、ポケットの中でコロコロして、そのうち一面をこちらに向けて取り出します。

その数が偶数か奇数かで決めるわけです。

ただサイコロは、確かに面倒な部分もあるかと思いますので、あなたがすぐに試したいなら、やはり「時計」が簡単でいいかもしれません。

そしてマンガでもあるように、「偶数は○○、奇数は△△と決めて、実際に偶数が出たけど、どうしても△△がいい…!」と思うのなら、もちろん△△を行動にすればいいだけです。

それは、サイコロというランダムな数に逆らうほど、△△を望んでいるから…ということになります。

ランダムさはキッカケであり、絶対ではありません。

ただ何であれ、迷ったときは、ランダムなものに任せてしまって、決めてしまった方がいいわけです。

実際、迷えば迷うほど、大切な時間は過ぎ去っていきます。

たとえものすごくいい選択肢を選ぶことができたとしても、そのときにあなたがおじいさん・おばあさんになっていたら、意味がないのです。

精神科医であるシュピッツバートは、こうも言っています。

「君がどんなに選択から逃げているつもりでも、実はそれは『選択を先延ばしにする』という、最悪の選択をしているに過ぎない。」

すなわち人間、完全に選択から逃げることはできないのです。
だから今、サイコロを振ってみてくださいね。

(完)

◆ 登場人物紹介


梶野 波丸(かじの はまる)

地下カジノのオーナー。
賭博組織「賭老(かけろう)」の立会人も勤めたが、ケンカは弱いため脱走。
趣味は出会い系サイト。座右の銘は「きゃりーぱみゅぱみゅ本人はかわいいが、きゃりーぱみゅぱみゅに似てると自称する女の子には期待するな」。
夢は地下カジノを拡大し、世界中で地下ギャンブルを行うこと。
しかしそうなると、掘り出してくれる人が誰もいなくなるのが悩みのタネ。

………自分でも自分が分かりません。

 

単行本8巻も発売しています!
今回も描き下ろし満載です!

 

 
ドラマCDになりました!

 

総計240万部! 既刊もよろしければ!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

 

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。