マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第52回「トイレに行くのは、過敏性腸症候群?」

マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷

第52回「トイレに行くのは、過敏性腸症候群?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・スッキリと無縁の人生…Y

 

◆ 解説

というわけで、過敏性腸症候群の話。いかがでしたでしょうか。
マンガにあるように、女性は便秘、男性は下痢になることか多いようです。

特に自分自身も、中学生1年生くらいのときに、この傾向がありました。

そのため、通学途中の電車で、お腹が痛くなり、トイレに行くことも。
時間と共に、自然に軽快し、中学2年生くらいからはほとんど症状はなくなったのですが…。
中学1年生になってはじめて電車通学をしたので、その緊張などもあったのかもしれません。
今にして思えば、やはり過敏性腸症候群の診断はつくと思います。

自分、見た目以上に、デリケートなのかもしれません。意外と。

ただ実際、当時、トイレに行くと、結構、男性が行列を作っていました。
結構、過敏性腸症候群の男性は多いのかもしれません。

さて、治療法としては心理療法や、不安・緊張をおさえるお薬などがあります。

他にも最近、保険適応となったのが、「イリボー」と言われる薬剤。
緊張による腸の運動をおさえる効果があり、「男性の過敏性腸症候群による下痢症状」にたいして、保険適応されています。

すなわち、女性の過敏性腸症候群(主に便秘)には、適応となっていません。残念ながら。
ただ便秘に関しては、純粋な便秘薬などもありますので、過敏性腸症候群だけに特化した薬の必要性はないんですが。

何にせよ、あなたが通勤・通学、また何かのイベントの前に、どうしてもトイレに行きたくなり、それで困るようであれば、お気軽にご相談ください。

ちなみに自分自身が、その中学生のとき、電車内でどうしてもトイレに行きたくなった場合に、
「自分自身がトイレになる」
というイメージをして乗り切ってました。

マンガに出てくる「便器人間!?」と同じようなイメージです。
顔のところが洋式トイレの便座。そしてそれが、パッカンパッカン開くという。

「トイレに行きたい!」というイメージから、あえて一歩進み、「トイレと一体化する」。

このイメージで、トイレに行きたい気持ちをゴマかそうとしていたわけです。

ちなみにそれで楽になったことは一度もありません。かえってつらくなるレベル。
それでも毎回イメージしてしまうわけですから、人間ってホント不思議ですね。

………。

自分の体験で人間を語っていいのか迷いつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

現在、ゆうメンタルクリニック渋谷院で診療を開始しております。
03-5459-8885
ですので、お気軽にご連絡くださいね。


単行本1~5巻も発売しています。6巻も6月に発売予定です。

最新単行本はこちらです!

    

また「おとなの1ページ心理学」というマンガも連載していまして、こちらは4巻が発売いたしました。よろしければ。

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ればシェアお願いいたします。

フォローする