マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第71回「PTSD・トラウマを良くする2つの方法」

マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷

第71回「PTSD・トラウマを良くする2つの方法」

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・ちなみに「71回なのに100回?」とお思いの方も多いかもしれませんが、掲載誌では、めでたく100回を迎えております。よく続いたと自分でも思います。本当にありがとうございます。…Y


◆ 解説

というわけで、PTSD・トラウマの話。
いかがでしたでしょうか。

大切なのが「心的外傷後成長」というキーワード。

ショックなことを乗り越え、それによって、前よりもストレスに強くなることを言います。
たとえば思春期の悩みが、「今から考えると、どうしてあんなことで悩んでいたんだろう…?」と感じることはありますね。
もちろん悩みの大小によっても変わりますが、多くの悩みやストレスは、時間と共に記憶が薄れていくもの。

そしてそれは「慣れ」となり、同じようなショックのことにたいして、キズつきにくくなるものです。

ですので何かつらいことがあったときに、
「このせいで自分は、どうしようもない状態になってしまった!」とか、
「過去に戻って、あのできごとをなくしたい!」とまで思い詰めなくてもいいのです。

それを受け入れるための方法は、マンガに書いたように、
「文字に書く」ことや、「その体験に意味があった」と考えることが、代表的な手法です。

それ以外にも「何か別のことに打ち込み、時間をたたせる」というのも有効です。

もちろん、心療内科でカウンセリングを受けるなどで、気持ちをはき出すのも一つの手です。

方法は色々とありますので、できそうなものを、少しずつでもやってみることが大切です。
ちなみに「失恋」も、やはり慣れていくものだと考えられます。
「はじめての失恋」というのは、多くの人にとって大ショックですが、何度も失恋を重ねていくうちに、少しずつ「あぁ…。また失恋か…」くらいのショックとして受け止められる人も多いのではないでしょうか。

自分自身、結構そういう部分があります。

まぁ、はい。これを果たして強くなったと言っていいか分からないんですけども。
逆に色々なものを失ってる部分もある気がするんですけども。
最近は「失恋」と書いて「しつこい」と読めるようになりました。しつこいくらいに失恋。
色々と切ない記憶を思い出しつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

そして「マンガで分かる心療内科」の単行本9 巻が発売!今回も描き下ろし満載です!


今回も、描き下ろし満載!

「Eで分かる心理テスト」
「姿勢だけで気持ちを改善する方法」
「事実による反論思考」
「声優・茅野愛衣さんに学ぶ心理技術」

などなど…

もちろんウラ表紙とカバー裏にも、色々な仕掛けが!
ぜひご覧下さいね! 

また「モテるマンガ」、第一巻の単行本も発売です!

・モテるための服装とは!?
・最初のデートは1時間まで!?
・道を聞けば必ずモテる!?
・モテるための最大の心得とは!?

などなど、サイトに掲載されている、数倍の描き下ろしがありますので、ぜひ!

総計240万部! 既刊もよろしければ!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ればシェアお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする