マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第70回「ギリシャ神話のアポロンは依存症だった!」

マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷

第70回「ギリシャ神話のアポロンは依存症だった!」

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・節度…Y


◆ 解説

というわけで、アポロンの話。
いかがでしたでしょうか。

今回の話をまとめますと、

・何か一つくらい、好きなものがあってもいい。

・でもそれを、「何かに立ち向かうエネルギー」として考えること。

・そして同時に、一日に一つ「つらいと思うこと」をしようとすること。

・そうすれば、ストレスがあっても、「今日のつらいこと達成」と思える!

という話でした。

実際、メンタルクリニックに来る方の多くの悩みは「つらいことがある」ということに集約されます。

では「つらいこと」をまったく無くすことはできるのでしょうか?
おそらくその答えはNOです。

もし何らかの力でそれをなくしたとしても、また新たなストレス、大変なことはいくらでも現れます。

カゼの原因の菌を一つなくしても、別の菌に感染してしまうようなものです。

大切なのは、免疫力をつけること。

つらいことをなくすのではなく、「つらいことがあっても大丈夫」なように、気持ちを変化させていくことです。

といっても、それは決して難しいことではありません。

ただ単に「小さくてもいいから、イヤなことを、一つだけしてみよう」と考えること。

このように思うだけで、毎日のストレスに「立ち向かう」ことができます。

実際に正面から向かってみれば、あなたが恐れていたものは、想像ほど怖くないかもしれません。

かの徳川家康は、こんな言葉を残しました。

「人の一生は 重き荷を負うて 遠き道を往くが如し」

人間の一生は、重い荷物を背負って、長い道のりを進むようなものだ。

大成功者である徳川家康ですら、こう人生を結論づけているわけです。

人は生きるにつれ、少しずつ荷物は増えていきます。
確かに大変なことも多くなるでしょう。

でもそれは、それだけあなたが進んできた証なんですよ。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

そして「マンガで分かる心療内科」の単行本9 巻が発売!今回も描き下ろし満載です!


今回も、描き下ろし満載!

「Eで分かる心理テスト」
「姿勢だけで気持ちを改善する方法」
「事実による反論思考」
「声優・茅野愛衣さんに学ぶ心理技術」

などなど…!

あすなに何が起こったのか!?

露出症の人が、ついにお見合いを!?

母がさらなる変貌を…!?

さらに茅野愛衣さんが話したセリフとは!?

もちろんウラ表紙とカバー裏にも、色々な仕掛けが!
ぜひご覧下さいね! 

また「モテるマンガ」、第一巻の単行本も発売です!

・モテるための服装とは!?
・最初のデートは1時間まで!?
・道を聞けば必ずモテる!?
・モテるための最大の心得とは!?

などなど、サイトに掲載されている、数倍の描き下ろしがありますので、ぜひ!

総計240万部! 既刊もよろしければ!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ればシェアお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする