渋谷心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム 「迷ったときは、安い方を買え。」




渋谷心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム
「迷ったときは、安い方を買え。」

あなたは買い物で迷ったことは、ありますでしょうか。

今回は、そんなときの秘訣をお届けします。

◆ 購入の二択。

実は少し前、まだ寒かった時期に、「オイルヒーター」というものを買ったんですが。熱風が出ず、じんわりあたたまるというヒーターです。

その際、12000円のと、35000円のがあったんです。

どちらもアマゾンのレビューでそこまで差がなかったので、すごく迷ったんですが。

とりあえず、12000円のものにしました。

まったく問題なく使えました。

とても快適でした。このオイルヒーターそのものが、すごくいい商品でした。

満足しています。

さて別の機会に。

ちょっとした必要があって、カフェにある「メニュー」のようなファイルを買うことにしました。

500円のものと、1500円のものがありました。

500円の方は、一枚だけのクリアファイルみたいなもので、そこにメニューの紙を入れるだけです。

逆に1500円の方は、結構、豪華な装丁で、中にメニューの紙をノートのように挟み込むものでした。

このときも迷ったのですが。

結局、豪華な方がいいのかなと思って、1500円の方を買うことにしました。

まぁ、1000円くらいのプラスであれば、いいかな、と思いまして。

そして買ったところ。

その1500円のメニューは確かに豪華だったんですが。

ノートの「表紙部分」(厚い紙の部分)だけの商品で、メニューを挟み込むためには、中に入れる薄いシート(1000円以上)を追加購入しなければいけないというモノでした。

何コレー!と。

いえもちろん、プラスで薄いシートを買えばいいという話なんですが、そのシートの時点で、500円のシンプルなメニューより高くなってますからね。

だからといって500円のシンプルなメニューを買ったら、1500円のメニュー表紙は、まったくムダになります。何この袋小路。

結果、決めきれないまま、今に至ってます。

結局、ムダになってるんですが。

このときのショックは、非常に大きかったです。

豪華さを求めて1500円にして、それだけでは役に立たないというこの切なさ。

最初は「1000円程度のプラス」と思ってましたが、「ソンをした!」と思うと、その価値が数倍にアップしました。(悪い意味で)

◆ 迷ったときは、安いものを買え。

で、このことで、あらためて痛感したんですが。

人生、「二択で迷ったときは、安いものを買うべき」ではないかと。

まずその商品が、特に今まで買ったことがないものの場合、アタリのこともあれば、ハズレのこともあります。

ハズレの際に、高いものを買っていると、そのときのショックは筆舌に尽くせません。
 しかし安い方だと、「まぁ、どうせ安く買ったものだし。これが高かったら最悪だったわ…。良かったー…」と思えます。

逆にアタリの場合。

安く買った方だと、

「こんなに安かったのに、こんなにいいモノだった!」

と思えます。
くわえて「じゃあ、高い方は、もっといい機能なのかなぁ…。いつか余裕ができたら、そっちを買うのもアリかなー…」と思えて、ワクワクすることができます。

そもそも同じ商品である限り、値段に比例してそこまで価値が高くなるわけではありません。
新型だとか、ちょっとしたプラス機能がついてるとか…。

その程度の違いだけです。

たとえば体重計なら、高いモノは「服の重さを引いて計算してくれる」とか「部位別で体脂肪を出してくれる」とか、その程度です。

確かに便利ではありますが、普通の体重計に比べて、せいぜい1.1倍くらいの便利さではないでしょうか。

また、たとえばレストランで考えてみましょう。

あるレストランで、3000円のコースと、5000円のコースがあったとします。

このとき、3000円のメニューがマズいお店は、間違いなく5000円のメニューもマズいです。
 逆に5000円のメニューがおいしいなら、3000円の方も、それなりにおいしいモノを出してくれます。

これはすべてにおいて言えます。他社の商品の比較でも同じです。

 市場原理というものがありますから、「ある会社の商品だけメチャクチャに価格帯がズレる」ということは、そんなにありません。
 特にあなたが、一通り、その価格や商品、また評価などを見て「最後にこの二つで迷う」という状態であるなら、実際、社会的にはそこまで差がないレベルのものだと思います。

で、あれば。
とにかく安い方を買ってしまうこと。

それが悪いものなら、高い方も大差はありません。
いいものだったら、高い方は、ちょっといい…くらいのものです。

◆ 決断が早くなれば…。

さらにもう一つ、「安い方を買う」ことの、大きなメリットがあります。

それこそは、「決断が早くなる」ということ。

実際、シドニーの心理学者であるエデルマン博士によると、「人間は、スピーディに思考し行動しているほど、不安が消えてくる」そうです。

すべてにおいて、「迷っているあいだに、時間が過ぎていく」ことほど、ムダなことはありません。

オイルヒーターに限らずですが、迷ってるうちに春になってしまったら、何の意味もありません。
 1日早く買うことは、それを使う時間が1日増えることにつながります。

実はそれだけで、「トク」なのです。

ここでもし「迷ったら高い方にしよう」と考えていると「あぁでも高いんだし、それだけの価値が本当にあるのかなぁ…。万一ハズレだったら…」というように、決断までの時間がさらに延びてしまいます。
 しかし「どうせ安いんだし」と思えば、より買いやすくなるはずです。

安いことで決断を後押しすることで、「時間」を得る。
そして行動を早めることで、不安を感じにくくする…。
これが何より重要です。

◆ プレゼントでも…。

これはプレゼントでも同じかもしれません。
 好きな人がいたときに、「1000円のプレゼント」と「3万円のプレゼント」があって、どっちを渡すべきか迷ったら。

言うまでもありません。1000円です。

それでイヤな顔をする相手なら、たぶん3万円のプレゼントをもらっても迷惑な顔をされるはずです。
額じゃないです。いや本当に。血の涙を流しつつ。

であれば、1000円で分かっただけマシではないでしょうか。
 逆にあなたが好かれていれば、1000円でも大喜びされるはずです。

であれば、また余裕ができたときに、その3万円のものもプレゼントしてあげればいいだけです。

というか、「1000円のプレゼントでイヤな顔をするのに、3万円のプレゼントなら大喜びする」ような相手はダメです。
すんごい個人的な感情が入りますが。

額は関係なく、安くてもいいので、「何かをあげたい」と思うのなら、とにかくプレゼントしてしまうこと。

ウダウダ考えて何も渡せないより、ずっとマシです。
こんな場合も、迷ったら、安い方です。

◆ レベルアップの大切さ。

この「迷ったら安い方」。

これは人生の決断であっても、同じことかもしれません。

たとえばあなたが、新しいビジネスを始めようとしたとします。

このときにオフィスを借りようとして、

「家賃が5万円のオフィス」と「家賃が20万円のオフィス」

で、迷ったとします。

後者は高い分、広く、内装も立派、交通も便利です。

しかし。このときも。

やはり「迷ったときは、安いものを買え」。

とにかく5万円のオフィスで始めてしまえばいいのです。

このとき、万一にビジネスに失敗したとして。

「5万円のオフィスでうまく行かなかったけど、20万円のオフィスだったらうまく行っていた」なんて、ほとんどありません。

また5万円だけに、大失敗したとしても、莫大な負債を抱えることはありません。

逆にもしうまく行き、事業が拡大したら、そのときにあらためて、20万の家賃のところに引っ越せばいいのです。

このときは、もちろん資金に余裕もあるでしょうし、また必要性を強く感じてるはずですので「迷わない」はずです。

これはある意味、「レベルアップ」です。

よくゲームなどでも、最初は弱い武器しか持っていないものが、少しずつお金を稼ぎ、強い武器に買い換えたりしますよね。

これ、結構楽しかったりするものです。

逆に最初から強い武器をゲットしていたら、その喜びは半減します。

また強い武器を買うためにお金をためるとするなら、それまでは「素手」で戦うことになり、とても非効率です。

とにかく安く始めて、迷わなくなるまで育ったら、高いものに買い換える。

この思考、忘れないでください。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 迷ったときは、とにかく安いものを買え!

○ そして必要性を感じたら、高いものに買い換えればいい!

○ コストで迷うよりも、安い方でいいから早く進め!

もちろん食品などで、安い方にそれなりの理由があることだってあります。

例外は多々あると思いますし、常に正しい、と言い切るつもりはありません。

ただあなたが「迷った」場合に、一つの考え方として、覚えておいていただければ幸いです。

◆ さいごに。

「小さく産んで、大きく育てろ」

という格言があります。

迷ったら、とにかく安い方でいいので、進んでしまうこと。

「よりいい方を得よう」なんて思って、迷っている時間だけムダです。

あなたがすでにある程度考え、評価し、そして「迷い」に行き着いたものであるなら、そこまで大きな差はありません。

とにかく安く、カンタンな方でいいので、買ってください。

進んでください。

それを行わないことこそが、一番の「ソン」なんですよ。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。