渋谷心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム 「進めない一歩を、一瞬で踏み出す方法」


 

渋谷心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム

「進めない一歩を、一瞬で踏み出す方法」

 

◆ 大学生さんの会話。

最近、マクドナルドで原稿を書いていると、隣の男子大学生らしき二人が、こんな会話をしていました。

A「俺は絶対に新規ビジネスを立ち上げる」

B「すげぇ」

A「でもそのためには失敗したくないから、知り合いの知り合いのIT社長に話聞いてくるんだ」

B「すげぇーなぁ」

A「俺、何でも万全に考えてからやりたいタイプだからさ」

B「すげぇ!」

ちょっと待って?
片方「すげぇ」しか言ってないよ?

これ会話として大丈夫?
ボタン押したら「すげぇ」とかしゃべるマシンでいいんじゃない?
夏休みの自由工作とかで作れそうじゃない?

A「ほら時間がもったいないじゃん?(ズジュー ←なくなったシェイクを吸う音)」

B「すげぇ…」

A「俺、時間絶対にムダにしたくなくてさ(ズジュー)」

うん、今の時間はすげぇムダなんじゃないのかな。

自分自身、すげぇそう思いました。
Bくんの口癖うつるし。

◆ フェイスブックの話。

そういえば、あなたはフェイスブックというサイトをご存じでしょうか。

言うまでもなく、世界一のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。

以前、友人にフェイスブックの話をしたときに、

「あぁ、外国版ミクシィね」

と言われたことがあります。

いやいや!
それ逆だから!

ビートルズのことを「外国版ずうとるび」とか言うのと同じですよ!?

…うん。
たとえが古すぎてアレで申し訳ありません。

何にせよこのフェイスブックのCEOであるマーク・ザッカーバーグがモットーとしてる言葉に、こんなものがあります。

「Done is better than perfect.」

日本語にするなら、

「『とにかくヤッちゃう』のは、『カンペキ』より、ずっとイイ」

ということになります。

何でもいいから、とにかく形にしてしまえ、と。

実際にフェイスブックも、ものすごい計画を立てて、万全に行われたビジネスではありません。

とりあえずハーバード大学の学生専用のサイトとして始まり、そこから少しずつ色々な大学を巻き込み、最終的に世界中の人を参加させるサービスになりました。

良くも悪くも「成り行き」です。

最初から今の形ではありませんでした。

さらにマーク・ザッカーバーグ自身も、最初のうち、会議をしながら簡単なプログラムを打ち込み、テストもまったくせずに、まずサイトで発表したりしていました。

とにかくすべてを「まずやっちゃう」「まず世に出してしまう」こと。

それは、完全やカンペキを求めすぎて、時間ばかりたってしまうより、ずっとずっといい…というわけです。

これ、なかなかに賛同できる発言だと思います。
マクドナルドのAくんにも、ぜひそうアドバイスしたい。

◆ 自分の話ですが。

ここで自分の話で恐縮ですが。

現在、ゆうメンタルクリニックもおかげさまで多くのドクターやスタッフさんにお手伝いしていただいて、

上野院・池袋院・新宿院・渋谷院の四院という形させていただいてます。

もう5年目を迎えていますが、スタートしたときは、もちろんそんなビジョンはありませんでした。

ただ上野で、自分一人で、一生やっていくんだろうな…と。

そんな感じで考えておりました。

スタートしたあとで、その場その場の状況に沿って…。
院やシステム、またスタッフ形態など、繰り返し軌道修正を続けて、今の形になっています。

もちろんですが今のこの状況が完成形とは思ってませんし、これからもいくらでも変わっていくものだと思っています。

逆に言えば、「5年後に今のこの複数院の形にする」なんてビジョンを、最初から描いていたとしたら…。

たぶん準備することや考えることが多すぎ、怖すぎて、そもそもスタートすることができなかったのではないかと思ってます。

◆ 恋愛なんて…。

これは恋愛の場合なんて、特にそうかもしれません。

誰かとつきあった結果、その関係が何年も続いたり、それこそ結婚することだってあるでしょう。

しかしその最初。
告白などのときに、

「この相手と結婚して、子供は2人産まれて、こんな家に住んで、こんな老後を…」

なんて計画まで考えている人、いますでしょうか。

おそらく告白される相手にとっては怖いと思います。
大半の人が「好きだと思うから、とりあえず告白する」もので、そして「その先、その場その場の積み重ねで、添い遂げるほどうまく行ったりすることもある」ものではないでしょうか。

本当に「将来まで含めてカンペキ」な計画のもとに、何かを始めるなんて、意味がないどころか、逆効果なのです。

あいまいでも、適当でも、何でもいいので、とにかく一歩を踏み出す。

先の先まで「見えないからこそ」、踏み出せるのです。

◆ カンペキでないからこそ。

すなわち、PerfectとDoneというのは、実は矛盾するものかもしれません。

「パーフェクト」を求めすぎるほど、結局、「ヤる」ことが先延ばしになっていく。

「カンペキではない」からこそ「ヤれる」わけです。

だから「カンペキじゃないから、まだ見込みが立たないから、ヤらない」というのは大間違いで、

「だからこそ、まずはヤッてみろ、踏み出してみろ」

ということになるわけです。

その結果、「うまく行かない」のなら、言うまでもなく、
「その瞬間に軌道修正を繰り返せばいい」だけです。

成功している人は、みんなそうしています。

「うまく行かない瞬間があったからダメだ! 終わりだ!」とか、
「最初からもっと計画しておけば!」とかで、その場をあきらめるのは間違いなのです。

結局のところ、人生は一生において戦いであり、

「戦いを避けたいがために、絶対にうまく行く完全な計画を考えて、何も始めない」

というのは、「生きていない」のと、何の変わりもないのです。

-----------------------------------
★ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ Done is better than perfect.

○ 何でもいいから始め、そこから軌道修正を繰り返していくこと。

 

そして万が一、どこかで完全にあきらめ、撤退したとしても…。
心理学的には、「ヤッた後悔」より「ヤらなかった後悔」の方がずっと強いとされています。

であれば、何でもいいから、始めてみること。

カンペキでなくても。

いえ、カンペキでないからこそ、いいんですよ。

(完)